Sign up for Hasura Newsletter
Loading...
Hasura Con
Workshop | June 30, 2022 | 08:00 AM PST
Learn how to use Hasura from the engineers who built it! Join our live workshop
Register Now
Hasura Con

アクセス制御

ここでは、作成したモデルごとに、ロールベースのアクセス制御ルールを定義します。アクセス制御ルールは、特定の条件に基づいて、テーブルに対するクエリを制限するのに役立ちます。

アクセス制御ルールは以下の項目に適用されます

  • 行レベル
  • 列レベル

行レベル

行レベルアクセス制御によって、ユーザーはそのテーブル上のすべての行にアクセスすることなく、テーブルにアクセスできます。これは、テーブルの一部である機密性の高い個人データを保護するために特に有効です。これによって、すべてのユーザーにテーブルへのアクセスを許可しつつ、そのアクセスをそのテーブル内の特定の数の行のみに限定できます。

行レベルアクセス制御

列レベル

列レベルアクセス制御によって、アクセスをテーブル内の特定の列に制限できます。これは、関連性がないデータ、機密性が高いデータ、内部目的で使用されるデータを非表示にするのに便利です。典型的なデータ表現は、以下のようになります。

行レベルアクセス制御

ご想像の通り、これらのルールを組み合わせることで、関連するさまざまなステークホルダーに対するデータアクセスを柔軟かつ強力に管理できます。

操作の種類

アクセス制御ルールは、すべてのCRUD操作(作成、読み取り、更新、削除)に適用できます。一部の操作は、ユーザーに操作を行わせないように完全に制限できます。

前のセクションで、slackアプリには user というロールが必要であることを学びました。次のパートではこのロールの権限を作成します。

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin