Sign up for Hasura Newsletter
Loading...
Hasura Con
Workshop | June 30, 2022 | 08:00 AM PST
Learn how to use Hasura from the engineers who built it! Join our live workshop
Register Now
Hasura Con

slackクローン用テーブル

まずはデータモデルを見てみましょう。

ユーザー

アプリの主な機能は、ユーザーとメッセージを中心に展開します。

そのため、以下のテーブルがあります。

  • usersuser_message

ワークスペース

Slackアプリには、ユーザーが参加できるワークスペースがあります。これは、ワークスペースの所有者と管理者によって管理されます。以下のテーブルは、この要件を処理します。

  • workspaceworkspace_memberworkspace_user_type

チャンネル

各ワークスペースは、ワークスペースからメンバーのサブセットを招いて、特定のディスカッションのトピックを対象にしたチャンネルを設定できます。チャンネルのメンバーは、誰もが見ることができるチャンネルにメッセージを投稿できます。

  • channelchannel_memberchannel_threadchannel_thread_message

最期のモデルには、基本的な関連列があり、おおむね以下のようになります。

Slackデータモデル

詳細な列リストはありませんが、エンティティ間のリレーションシップの把握に役立ちます。

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin