Sign up for Hasura Newsletter
Loading...

Rulesでユーザーを同期する

Auth0には、ログイン要求のたびに呼び出されるように設定できるルールがあります。Auth0設定の2番目のステップを思い出してください。カスタムJWTクレームを適用するルールを作成しました。ここでは、Auth0におけるルールを設定して、Auth0のユーザーがデータベース内のユーザーと同期できるようにする必要があります。以下のコードスニペットによって、それが可能です。再度Rules機能を使用して、新しい空のルールを作成して、以下のコードスニペットに貼り付けます。

function (user, context, callback) {
const userId = user.user_id;
const nickname = user.nickname;
const admin_secret = "xxxx";
const url = "https://ready-panda-91.hasura.app/v1/graphql";
const query = `mutation($userId: String!, $nickname: String) {
insert_users(objects: [{
id: $userId, name: $nickname, last_seen: "now()"
}], on_conflict: {constraint: users_pkey, update_columns: [last_seen, name]}
) {
affected_rows
}
}`;
const variables = { "userId": userId, "nickname": nickname };
request.post({
url: url,
headers: {'content-type' : 'application/json', 'x-hasura-admin-secret': admin_secret},
body: JSON.stringify({
query: query,
variables: variables
})
}, function(error, response, body){
console.log(body);
callback(null, user, context);
});
}

Auth0挿入ルール

:アプリに応じて、x-hasura-admin-secret および url パラメーターを適切に変更します。 ここでは、 users テーブルにミューテーションを実行する要求を行います。

それでおしまいです!このルールは、サインアップまたはログインが成功するたびにトリガーされます。そして、Hasura GraphQLミューテーションを使用して、ユーザーデータをデータベースに挿入または、更新します。

上記の要求では、id 値と name 値によってユーザーテーブルでミューテーションを実行します。

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin