Sign up for Hasura Newsletter
Loading...

イベントウェブフックを書く

では、ユーザーがアプリに登録したときにメールを送信する2番目のユースケースに移動します。

ユーザーがAuth0を使用してアプリに登録すると、新しい行を users テーブルに挿入してユーザーデータの同期を維持します。サインアップ時にミューテーションを作成するために書いたAuth0ルールを覚えていますか?

これはテーブル usersinsert 操作です。各イベントのペイロードについては、こちらをご覧ください。

この挿入操作をキャプチャしてイベントをトリガーしましょう。

SendGrid SMTP電子メールAPI

この例では、SendGrid のSMTPサーバーを活用し、nodemailer を使ってメールを送信します。

SendGridにサインアップして、無料のアカウントを作成します。

こちらのドキュメントに従ってAPIキーを作成します

ウェブフックを書く

const nodemailer = require('nodemailer');
const transporter = nodemailer.createTransport('smtp://'+process.env.SMTP_LOGIN+':'+process.env.SMTP_PASSWORD+'@' + process.env.SMTP_HOST);
const fs = require('fs');
const path = require('path');
const express = require('express');
const bodyParser = require('body-parser');
const app = express();
app.set('port', (process.env.PORT || 3000));
app.use('/', express.static(path.join(__dirname, 'public')));
app.use(bodyParser.json());
app.use(bodyParser.urlencoded({extended: true}));
app.use(function(req, res, next) {
res.setHeader('Access-Control-Allow-Origin', '*');
res.setHeader('Cache-Control', 'no-cache');
next();
});
app.post('/send-email', function(req, res) {
const name = req.body.event.data.new.name;
// setup e-mail data
const mailOptions = {
from: process.env.SENDER_ADDRESS, // sender address
to: process.env.RECEIVER_ADDRESS, // list of receivers
subject: 'A new user has registered', // Subject line
text: 'Hi, This is to notify that a new user has registered under the name of ' + name, // plaintext body
html: '<p>'+'Hi, This is to notify that a new user has registered under the name of ' + name + '</p>' // html body
};
// send mail with defined transport object
transporter.sendMail(mailOptions, function(error, info){
if(error){
return console.log(error);
}
console.log('Message sent: ' + info.response);
res.json({'success': true});
});
});
app.listen(app.get('port'), function() {
console.log('Server started on: ' + app.get('port'));
});

デプロイ

Glitch にデプロイする

環境変数

Glitchで自分のプロジェクトにリミックスした後、.env ファイルを変更して

  • SMTP_LOGIN
  • SMTP_PASSWORD
  • SMTP_HOST

値を適切に入力します。

さらに、環境変数を使用して送信者と受信者のアドレスも設定する必要があります

  • SENDER_ADDRESS
  • RECEIVER_ADDRESS

おめでとうございます!データベースイベントを処理する最初のウェブフックを書いてデプロイしました。

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin