Sign up for Hasura Newsletter
Loading...

イベントwebhookの記述

次にユーザーがアプリに登録したときにメールを送信する2番目のユースケースに移りましょう。

ユーザーが Auth0 を使用してアプリに登録すると、新しいデータを users テーブルに挿入してユーザーデータの同期を維持します。ミューテーションを作成するためにサインアップ中に作成した Auth0 ルールを覚えていますか?

これはテーブル users に対する insert 操作です。 各イベントのペイロードはこちらに記載されています

次に、この挿入操作をキャプチャしてイベントをトリガーします。

SendGrid SMTP 電子メール API

この例では SendGrid の SMTP サーバーを利用し nodemailer を使用してメールを送信します。

SendGridにサインアップして、無料のアカウントを作成します。

次のドキュメントに従って API キーを作成します こちら

webhookの記述

const nodemailer = require('nodemailer');
const transporter = nodemailer.createTransport('smtp://'+process.env.SMTP_LOGIN+':'+process.env.SMTP_PASSWORD+'@' + process.env.SMTP_HOST);
const fs = require('fs');
const path = require('path');
const express = require('express');
const bodyParser = require('body-parser');
const app = express();
app.set('port', (process.env.PORT || 3000));
app.use('/', express.static(path.join(__dirname, 'public')));
app.use(bodyParser.json());
app.use(bodyParser.urlencoded({extended: true}));
app.use(function(req, res, next) {
res.setHeader('Access-Control-Allow-Origin', '*');
res.setHeader('Cache-Control', 'no-cache');
next();
});
app.post('/send-email', function(req, res) {
const name = req.body.event.data.new.name;
// setup e-mail data
const mailOptions = {
from: process.env.SENDER_ADDRESS, // sender address
to: process.env.RECEIVER_ADDRESS, // list of receivers
subject: 'A new user has registered', // Subject line
text: 'Hi, This is to notify that a new user has registered under the name of ' + name, // plaintext body
html: '<p>'+'Hi, This is to notify that a new user has registered under the name of ' + name + '</p>' // html body
};
// send mail with defined transport object
transporter.sendMail(mailOptions, function(error, info){
if(error){
return console.log(error);
}
console.log('Message sent: ' + info.response);
res.json({'success': true});
});
});
app.listen(app.get('port'), function() {
console.log('Server started on: ' + app.get('port'));
});

デプロイ

GLITCH へデプロイ

環境変数

Glitch で独自のプロジェクトにリミックスした後 .env ファイルを変更して

  • SMTP_LOGIN
  • SMTP_PASSWORD
  • SMTP_HOST

の値を入力します。

さらに次に送信者と受信者のアドレスも設定する必要があります。

  • SENDER_ADDRESS
  • RECEIVER_ADDRESS

これらの環境変数。

おめでとうございます! データベースイベントを処理する最初の Webhook を記述してデプロイしました。

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin