Sign up for Hasura Newsletter
Loading...

コース紹介

このコースでは、HasuraによるGraphQLバックエンドの設定について簡潔に紹介します。

30分で、クエリ、ミューテーション、サブスクリプションを備えた強力でスケーラブルなリアルタイムGraphQLバックエンドを設定します。また、Hasuraが、ユーザーが書いたカスタムGraphQL APIsとして、また非同期で実行されてデータベースイベントによってトリガーされるイベントトリガーとして、カスタムビジネスロジック(任意のプログラミング言語)の統合にどのように役立つかを学びます。

学習内容

このコースは、さまざまなHasura機能、それらの使用方法と使うタイミングの理解に役立ち、上級トピックに入る前の出発点としては理想的です。

  1. Hasuraの基本:Hasuraを使ってPostgresデータベースを活用したリアルタイムGraphQL APIを生成します。
  2. Postgresの力:Postgresの力を使えば、データ変換を効率的に行えるため、コード内で処理する必要がなくなります。
  3. 承認:アプリユーザーが許可されるべきデータの操作のみを実行できるように承認を設定します。
  4. 認証:JWTベース認証プロバイダー(Auth0を使用)をHasuraに統合します
  5. リモートスキーマ:カスタムGraphQLリゾルバーを追加して、データベースにないデータの取得のためのAPIを作成します
  6. イベントトリガー:データベースイベントがある場合、バックエンドでビジネスロジックを実行します

このチュートリアルでは以下を構築します。

リアルタイムtodoアプリのバックエンドを構築します。フロントエンドの構築に興味があり、GraphQLを初めて使う方は、さまざまなフロントエンドフレームワークのGraphQLチュートリアルに進んでください。

このデプロイされたバージョンのアプリを試して、バックエンドが必要な機能を確認します。https://learn-hasura-todo-app.netlify.com/

本チュートリアルの受講に必要なもの

ブラウザだけです!

ただし、ブラウザを使って行うことはすべて、このチュートリアルでは、コードを介して実行でき、バージョン管理ができて、サーバー側で選択した任意のプログラミング言語と連携できます。

このコースでは、開発者ワークフローと環境選択については軽く触れるに留め、ユーザーが基本的な概念に集中して、お気に入りのツールとワークフローの設定に進めるようにしました。

本チュートリアルの所要時間

30分未満です。

追加リソース

Hasuraを始める方法に関するこのビデオガイドをご覧ください

Did you find this page helpful?
Start with GraphQL on Hasura for Free
  • ArrowBuild apps and APIs 10x faster
  • ArrowBuilt-in authorization and caching
  • Arrow8x more performant than hand-rolled APIs
Promo
footer illustration
Brand logo
© 2022 Hasura Inc. All rights reserved
Github
Titter
Discord
Facebook
Instagram
Youtube
Linkedin