/

hasura-header-illustration

マイクロサービスの構築とデプロイを10倍速く

複雑なデータドメイン上で高品質なマイクロサービスを構築するための労力を、数ヶ月から数時間に大幅に削減します。

データバックエンドの構築が近代化を遅らせている

多くのモダナイゼーションは、モノリスをドメイン指向のマイクロサービスに分解し、複数のシステムやアプリケーションにサービスを提供することを含んでいます。最終的に、これらは複雑さが入り混じって混乱をきたします。

  • ドメインデータを公開するためにマイクロサービスを構築し運用するデータチームがボトルネックになります。
  • 製品チームは分散したドメインAPIからデータを統合することに苦労し、ドメインAPIをカスタムエクスペリエンスレイヤーやフロントエンド用バックエンドに統合するための努力を重複して行います。
最終結果

結果:企業は新しいサービスを提供するために多大な時間(あるいは、最悪の場合できない)を要します。

before-microservices

即座に堅牢なデータAPIを構築

Hasuraはこの近代化努力における最大の障害物であるドメインデータを提供するマイクロサービスの構築と運用を取り除きます。

Hasura DDNで開発チームが解放される以下の利点をご覧ください:

  • データチームは、ローコードの経験を通じて、柔軟でコンポーザブルなGraphQLまたはREST APIをデータ上に即座に公開できます。APIを介してドメインデータをどのように公開したいかを宣言的に設定し、Hasuraが自動的にAPIを生成します。
  • Hasuraは、パフォーマンスが最適化されたAPIを生成し、指定された認証ロジックで保護され、ビルトインのランタイムセキュリティコントロールとオブザーバビリティを備えた本番環境に即戦力のAPIを提供します。
  • APIは高並行性ワークロードに対して信頼性、スケーラビリティ、および全世界的な低遅延を提供する分散型エッジインフラストラクチャに自動的にデプロイされます。
  • 製品チームは、バックエンドチームにブロックされることなく、さまざまなドメインからのデータを容易に組み合わせて結合し、独自のエクスペリエンスレイヤーを作成するための統一されたアクセスポイントを得ます。

 

DDNは近代化への段階的なアプローチをサポートし、一度に1つのデータドメインまたはアプリケーションから始めることができます。

after-microservices
強力かつ高速

データAPI開発の加速

ドメインデータを公開するためのマイクロサービスの開発と運用は、信頼性が高く、スケーラブル、柔軟で、パフォーマンスが良く且つ安全でコンプライアンスを満たすようにするための努力がかかるため、時間がかかります。 Hasuraを使用すると、これらの機能は自動化され、合理化され、また開発のための労力が排除されます。

始める準備はできましたか?

私たちのソリューションアーキテクトが、あなたのマイクロサービスへの移行を迅速化するお手伝いをします。

hasura-illus